TOP 書評再録 『解+』(加藤智大著)「朝日新聞」(2013年6月23日、朝刊)書評欄「おすすめ」

『解+』(加藤智大著)「朝日新聞」(2013年6月23日、朝刊)書評欄「おすすめ」

2008年6月に東京・秋葉原で17人を殺傷したとされる著者が考察する「事件を未然に防ぐには」。昨夏刊行の『解』の補遺・修正版でもある。カミュの小説『異邦人』の主人公は「太陽のせいだ」と殺人の動機を語り、死刑への道をたどったが、本書の心象風景と比べれば、まだ潤いと光がある。最終章で著者は、どんな人間も「誰か」がいれば、事件はおこさないものだと繰り返す。愛する者、とは書かずに。