TOP 読者の声 『非器の城』(新井勉著)を読んで

『非器の城』(新井勉著)を読んで

非器の城

なかなかおもしろい本。 史実がはっきりしていて、物語としての構成がみごと。 着物の描写、四季の移ろいもすばらしい。 著者の別の作品も是非読みたい。 (愛知県豊川市在住の中谷優子様からのお便り) *新井勉先生のご本を小社から刊行させていただいたのは、この本を含めて4冊です。『非器の城』の前作は『獅子の虫』で、時代小説の神髄をわかりやすく、ストーリーも明快で楽しい本です。 あとの2冊は専門書です。法制史研究の大家ですから、「大津事件」は分かりやすい方ですが、『大逆罪・内乱罪の研究』は、難しい本ですが、読めないわけではありませんから挑戦してください。(編集部)