TOP 読者の声 『彷徨記─狂気を担って』(西丸四方著)を読んで

『彷徨記─狂気を担って』(西丸四方著)を読んで

彷徨記?狂気を担って

OT(作業療法士)として、現在、訪問リハビリテーションに従事しております。むろん精神疾患のPT(理学療法士)も担当しております。
精神科医療の歴史、当時(昭和初期)からの状況がよくわかります。精神科治療の考えか方もよく理解できます。PTに対する対応など、当時の患者さんたちのさまざまな様子がありありとわかります。精神科に通史としても良書です。
(武類俊哉様・東京都北区在住)