TOP 読者の声 PP選書『精神現象を読み解くための10章』を読んで

PP選書『精神現象を読み解くための10章』を読んで

PP選書『精神現象を読み解くための10章』

○極論かもしれないが、社会事象を、時と場所を絞りつめて論じると、「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論理も成立する。 ○我々は「蟻の眼」と高所より「鳥瞰」し得る眼を併せ持つことが必要な世の中に住むようになっている。 ○病原菌が寄生する宿主の病状を論じるに似た立場に私たちは居るのだと思う(マネー経済社会に生きるために)。 ○悪循環から脱出するには「教育の充実」が考えられる。その教育が(明治23年以来)立身出世を目的とするようになり、脱出力を失いつつある。 ○ヘーゲルの「止揚」の積み重ねに、希望の灯火を残していると思う。 その意味から、本書に意義を感じている。 (奈良県・匿名希望)