TOP 読者の声 『心の闇─無差別殺傷事件はなぜ起きたのか』を読んで

『心の闇─無差別殺傷事件はなぜ起きたのか』を読んで

『心の闇─無差別殺傷事件はなぜ起きたのか』

客観的、主観的等、多面的に捉えられていて読む人にも考えさせる内容で非常に良かった。誰でもその当事者になる可能性がある。 本書の主人公の「守護霊」、また、「あとがき」にある「?加害者に許しを与えて欲しい」等は、難しい面もあるが印象に残った。内容的に少し「重さ」を感じたが仕方がないものかも!! (大庭芳郎さん、千葉県在住)