TOP 読者の声 『攘夷と皇国』を読んで

『攘夷と皇国』を読んで

『攘夷と皇国』

『攘夷と皇国?幕末維新のネジレと明治国家の闇』を遂に全部読み終わりました。榎本武揚の大ファンです。幕府崩壊の際、箱館五稜郭で明治政府に応戦した。優しさを兼ね備えた人物。さらに明治時代の模範的官僚。人間の本当の「優しさ」「強さ」、そしてこの世の真実、人間の真実、人生の真実を知っている希有な政治家として榎本釜次郎(武揚)の魅力は尽きません。新政府軍参謀、黒田清隆は、日朝修好条約を締結。榎本と親交を結ぶ。 貴社に望むことは、『箱館戦争』という本を出版して欲しいと切望します。私の心の中では、まだ箱館戦争は終わっていないのです。 (千葉県・林 秀樹様)