TOP 読者の声 『攘夷と皇国』を読んで

『攘夷と皇国』を読んで

攘夷と皇国

かねてより、尊皇攘夷の主張が武力でその差を痛感させられたとはいえ、(尊皇攘夷思想を)180度変節し、鹿鳴館(時代)へと厚顔にも移行した薩長(藩閥)政府の、あるいは明治政府の出自には強い疑問、不信をもっていました。また、明治時代を手放しで賞賛する司馬史観にも憤りすら感じていました。その意味で本書は、私には納得のいくものでした。 何よりも敬神党による的を得た批判に対しては、「小攘夷」を克服した「大攘夷」によって維新の「ネジレ」を湖塗するという論理を駆使したという指摘はなるほどと思いました。 私見としては、明治の近代化は、王政復古とともにそれに伴う非近代的な皇国史観を伴っていたが故に矛楯を当初から孕んでいた、それ故に破綻したと考えております。 (茨城県・飯島 豊様)