TOP 読者の声 天ノ朝の研究[菊地山哉著作集]

天ノ朝の研究[菊地山哉著作集]

天ノ朝の研究

立派な著作です。
作者の年代によりましょうが、皇国史観へ気を遣いながら書いている点、東アジア史観が欠けている点はやむを得ませんが、気になります。
一番の不審は、同一著書のなかで、神武天皇の出自が日向にあるのかヤマト・カシワラ近辺(磐余:イワレ)なのかが不明な点で、どちらが真実をお思いか、解説者の田中紀子さんにお教えを乞いたいと思います。
(東京都・近藤節也様)

*批評社より:田中紀子さんはすでに鬼籍に入られていますので、疑念な点につきましてはご返事できません。