TOP 読者の声 サンカの末裔を訪ねて

サンカの末裔を訪ねて

サンカの末裔を訪ねて

「山窩」か「サンカ」かどちらでもよいが、今も研究、検証をしている人々がいるとは、おどろきと安心。三角寛の40年頃「山窩物語」を読んで、ショックを受けた時と同じ様なショック。小学生の頃、おふくろに「山から来た人」を説明されたのを憶えている。箕を肩にかけて歩いている姿が、今も頭の中にある。興味が有るし、もっと知りたいと思う心もある。
(東京都・森川實様)