TOP 読者の声 史疑 徳川家康事跡

史疑 徳川家康事跡

史疑 徳川家康事跡

『史疑徳川家康事跡』は、概要は承知していたが、それが明治になってなぜ、出版され、しかも忽ちのうちに絶版となったのか、――それは知らなかった。伊藤(博文)、山県(有朋)らの維新政府の元勲の出自とからめ、彼らが武士ではない「下級武士」であることの意味が明らかになり、村岡素一郎の出版の本当の意図がわかって面白かった。軽輩とか、現代の我々には既に遠い過去のことで、ろくすっぽ検証などされないまま使われていることが意外であった。
■(豊中市・笠井孝之様)