TOP 読者の声 史疑 幻の家康論

史疑 幻の家康論

史疑 幻の家康論』 史疑」を初めて知り、その内容の奇想天外さに驚いた次第です。どうも我々が知る日本史には、活字になりにくい伏流水のようなものがあるようです。あるいは、故意に隠匿された事実もたくさんあるのでは、とふと思ったりします。この想いは20数年前に、八切止夫という人の著作をまだ中学生の頃に読んでからのものです。これをのぞき見ることは難しいことなのでしょう。「史疑」へのアプローチを説く礫川氏の著作には消滅させ得ない庶民の歴史とは何か、をよく教えられました。 奇説、異説と言われるものは面白いと同時に、それを身を挺してまで伝え、研究に生涯をも打ち込もうとする知られざる先達へもいたく興味をそそられます。今後、木村鷹太郎氏や八切止夫氏の著作の覆刻とかは検討されないのでしょうか。ご参考までに感想を送らせて頂きました。皆様のより一層の発展とご活躍をお祈り致します。 ■(千葉市・濱野哲二様)