TOP 花園大学人権論集 「他者」との共生 ----カウンターカルチャーの構築に向けて

「他者」との共生 ----カウンターカルチャーの構築に向けて

  • 花園大学人権教育研究センター編
  • 価格 1800+税円
  • 判型:四六判、216ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0616-8
  • 初版発行年月 2015年3月20日
  • 発売日 2015年3月20日

内容紹介文

近年の格差社会、自由競争の社会で「勝ち組」が主流派を占めていく中で、マイノリティの立場で発信していく「対抗文化」を構築していくためにはどのように行動していくべきなのか。
今なお先の見えない東日本大震災からの復興支援をはじめ、原発反対運動、沖縄米軍基地問題、さらに21世紀の最大の問題となるであろう子どもと高齢者への支援など、これからの日本を作り上げていく際に立ちふさがる幾多の問題について、当事者・支援者による発言から今後の方針を指し示す。

目次

悲しみを支えて??傾聴移動喫茶「カフェ・デ・モンク」の活動(金田諦應)
原発の過去・現在・未来??若狭での経験から(中嶌哲演)
構造的差別がまかり通っていいのでしょうか??沖縄の今日的状況から(知花一昌)
深まる子どもの貧困??子どもの貧困対策法や学習支援にも触れて(吉永純)
高齢者福祉制度と人権??認知症高齢者の視点から(春名苗)
児童虐待死亡事例等にみる援助の課題(津崎哲郎)
“国権vs人権”の現況を考える??来し方行く末への「私の責任」において(八木晃介)

関連書籍