TOP 環境と生命を考える 大飯原発再稼働と脱原発列島

大飯原発再稼働と脱原発列島

  • 中嶌哲演+土井淑平著
  • 価格 1890円円
  • 判型:46判、240ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0574-1
  • 初版発行年月 2013年3月4日
  • 発売日 2013年3月10日

内容紹介文

歴史の多くは権力が書き残す。国家と巨大産業、マスコミも一体となって進められてきた日本の原子力。60基近い原子力発電所が作られ、2011年には福島原発事故も防げなかった。しかし、権力の巨大な力に立ち向かい、傷だらけになりながらも原発を阻止して来た民衆の苦闘もある。忘れたくない歴史の貴重な記録書。[小出裕章]

目次

序文 脱原発へのターニング・ポイント

第一章
若狭湾への集中立地と大飯原発の再稼働
――小浜原発誘致阻止運動と若狭湾原発反対運動
中嶌哲演
1 大飯原発の建設と増設に反対した小浜市民
2 若狭湾への集中立地の経過
3 なぜ若狭湾が原発銀座となったのか
4 原発立地を阻止した小浜の闘い
5 「脱原発」へ向けて大結集を!
[年表]小浜原発、大飯増設、中間貯蔵施設阻止運動

第二章
能登の土地・海を守り選挙を闘いぬく
――珠洲原発阻止から志賀原発廃炉の闘いへ
北野 進
1 珠洲原発計画の概要
2 珠洲原発と志賀原発
3 立地反対運動の経過
4 計画「凍結」とその後の珠洲
5 志賀廃炉の闘いを大飯につなげる
[年表]珠洲、志賀原発阻止運動

第三章
丹後に原発はいらない!
――久美浜原発阻止運動の記録
永井友昭
はじめに ?大きな流れ?
1 第1波の攻防?原発計画の表面化からスリーマイル事故まで?
2 第2波の攻防?チェルノブイリ事故の衝撃をはさんで?
3 第3波の攻防?もんじゅ事故の煙の中から?
終わりに
[年表]久美浜原発阻止運動

第四章
ふるさとと子供たちの未来のために
――香住原発阻止運動の記録
岡田一衛
はじめに
1 原発誘致のはじまり
2 原発計画に立ち向かった人たち
3 原発反対運動の展開
4 関西電力の懐柔作戦と反対派住民の追撃
結着
[年表]香住原発阻止運動

第五章
生存をおびやかす原子力発電所
――浜坂原発阻止運動の記録
岡田一衛
はじめに
1 浜坂原発計画の経過
2 立地阻止運動の展開
3 反原発全国集会の事務局を担当
[年表]浜坂火発・原発阻止運動

第六章
原発を水際で止めた先手必勝の闘い
――青谷原発阻止運動の記録
横山 光
土井淑平
はじめに ?フクシマの衝撃で誕生した脱原発新世代?
1 青天のヘキレキの青谷現地
2 青谷原発計画の浮上
3 原発立地阻止運動の展開
4 フクシマ以後の共有地の活用
[年表]青谷原発阻止運動

第七章
脱原発列島のなかでの大飯再稼働
――原発ゼロでも日本の電力は足りる
土井淑平
1 大飯原発の再稼働と関西自治体の抵抗
2 関西自治体の腰砕けとズッコケた橋下徹
3 大飯原発の再稼働なくても日本の電力は足りた
4 総選挙で様変わりした原発の政治地図と活断層の問題
5 全国80カ所で拒否された原発・再処理工場・核廃棄物処分場


あとがき

関連書籍