TOP 歴史のなかの闇を探る 新説 日本人の苗字とその起源

新説 日本人の苗字とその起源

  • 茂木 和平 監修, 宮内 則雄
  • 価格 1890円
  • 判型:四六判、216ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0538-3
  • ISBN 4-8265-0538-8
  • 初版発行年月 2011年01月
  • 発売日 2011年01月25日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

日本人の苗字の起源は、弥生時代に韓半島から渡来した人びとが祖国の地名や種族名、職能集団名を古代朝鮮語や大和ことばにあててあだ名で呼んで私称したことに始まる。縄文人は生活に必要な範囲でそれぞれ名前を付けて呼んでいたが、渡来人の鉱山・鍛冶技術や稲作技術を吸収するとともに大和ことばで自分たちのあだ名を苗字として名乗ったのである。『埼玉苗字辞典』をベースに旧説を覆し、日本人の苗字の起源を新たな視点で解読する。

目次

監修者のことば
まえがき
第一章 渡来の人々
中国江南の呉越族倭人/朝鮮半島の呉越族倭人/日本列島の渡来人 ?〓(←さんずいに歳の旧字)貊族/?粛慎族/?呉越族
第二章 古代苗字の一〇〇大姓
渡来の様子/あだ名の私称/庶民の識字率/集落の語源
一 佐藤/二 鈴木/三 高橋/四 田中/五 渡辺/六 伊藤/七 小林/八 山本/九 中村/一〇 斎藤/一一 加藤/一二 山田/一三 吉田/一四 佐々木/一五 山口/一六 井上/一七 松本/一八 木村/一九 清水/二〇 林/二一 山崎/二二 池田/二三 中島/二四 森/二五 石川/二六 橋本/二七 小川/二八 阿部/二九 石井/三〇 長谷川/三一 内田/三二 岡田/三三 青木/三四 近藤/三五 金子/三六 和田/三七 太田/三八 小島/三九 島田/四〇 遠藤/四一 田村/四二 高木/四三 中野/四四 小山/四五 野田/四六 福田/四七 大塚/四八 岡本/四九 辻/五〇 横山/五一 後藤/五二 前田/五三 藤井/五四 原/五五 三浦/五六 小野/五七 片山/五八 吉村/五九 上野/六〇 宮本/六一 横田/六二 西川/六三 武田/六四 中川/六五 北村/六六 大野/六七 竹内/六八 原田/六九 松岡/七〇 矢野/七一 村上/七二 安藤/七三 西村/七四 関/七五 菊池/七六 森田/七七 上田/七八 野村/七九 田辺/八〇 石田/八一 中山/八二 松田/八三 丸山/八四 広瀬/八五 山下/八六 久保/八七 松村/八八 新井/八九 川上/九〇 大島/九一 野口/九二 福島/九三 黒田/九四 増田/九五 今井/九六 桜井/九七 石原/九八 服部/九九 藤原/一〇〇 市川
第三章 部民の姓氏と苗字の違い
村と郷/孔王部/部民末裔の姓氏
第四章 武士の名字と苗字の違い
名字と苗字/苗字の所見/武蔵武士の本名(苗字)/丹党・猪俣党・児玉党・成田氏/苗字西国武士は名字武蔵武士に仮冒する
 ?安保氏・?児玉氏・?久下氏・?中沢氏・?片山氏/奥州移住説の関東武士 ?小野寺氏・?菅原氏・?千葉氏・?三浦氏・?熊谷氏・?畠山氏・?工藤氏
年表
引用・参考文献
あとがき

関連書籍