TOP 経済思想を読む 現代中国企業変革の担い手

現代中国企業変革の担い手

  • 苑志佳
  • 価格 2730円
  • 判型:A5判、288ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0505-5
  • ISBN 4-8265-0505-1
  • 初版発行年月 2009年06月
  • 発売日 2009年06月25日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

改革開放以降の中国経済は、国有企業から国有民営型(株式会社)企業、私営型企業など多種多様な企業形態が、巨大企業から中小企業まで相互に関連しながら存在している。「世界の工場」と言われる現代中国経済の飛躍的発展と高度成長の秘密は、これらの企業制度が制度進化しながら再構築されたことによる。重化学工業から先端ハイテク産業をはじめ、自動車、ITなど成長産業に象徴される巨大企業の内部構造、外資企業との連携、香港・マカオの独立系企業や台湾企業との連携など、複雑な中国企業の組織形態、制度進化の過程を緻密に検証し、中国企業の多様なケーススタディを通して現代中国経済のメカニズムを解明する。

目次

はしがき

序章
1.本書の研究課題・目的/2.本書の研究対象・範囲――「企業」と「制度」/3.分析方法論上の難点と制度進化の仮説/4.本書の研究手法/5.本書の構成

第1部 企業制度原型の形成と変容
第1章 企業制度の原型――国有企業の形成と特徴
1.はじめに/2.国有企業制度の形成背景/3.国有企業の制度的諸特徴/(1)所有・経営関係に関わる諸特徴/(2)所有と組織関係に関わる諸特徴/(3)経営・組織関係に関わる諸特徴/4.結び

第2章 中国企業の生産システム――制度的特徴とその再構築
1.はじめに/2.世界工業史における生産システム・モデル/(1)綿工業と古典的大量生産システム/(2)自動車産業と現代的大量生産システム/(3)加工組立型(電子・電機・自動車)機械産業と多品種少量生産システム/3.中国型生産システムへの視点/(1)開発経済学における後期工業化論/(2)「分散・並列・ネットワーク型」工業化と生産システム/(3)「多重モデル同時並存型」工業化/(4)キャッチアップ型工業化論の視点/4.中国型生産システムの形成・進化/(1)制度形成の歴史的経緯と制度的特徴/(2)生産システムの制度進化――改革開放期以降/5.おわりに

第2部 在来型企業制度の改革と再編
第3章 国有企業の生成・進化・変革過程――華晶電子の事例から
1.はじめに/2.華晶電子の企業進化プロセス/(1)国有企業としての誕生経緯/(2)政府保護下の成長/(3)企業進化の模索――外資と手を組む/(4)企業システムの再構築――華人資本との提携/(5)市場化への対応――企業組織の大改造/3.おわりに

第4章 特定地域の国有企業群の再編と可能性――東北地域の事例から
1.はじめに/2.東北地域における国有企業の特色/3.東北地域における国有企業の問題の所在/(1)東北地域の企業像/(2)東北地域の国有企業のどこが悪いか:華南型企業と東北型企業の比較/4.東北地域における成功国有企業からの啓示/(1)「第一汽車」のケース/(2)「東北製薬」のケース/(3)「大連新船重工」のケース/(4)「東軟集団」のケース/5.東北地域における国有企業再生の可能性/(1)「東北病」と「市販薬」(2)政府よ、企業から退出せよ!/(3)東北改革と東欧型ビッグバン改革との類似点/(4)民間企業家の量産条件/(5)国有企業のスリム化/(6)「企業家精神」を見極めよ/(7)国有企業に希望あり

第3部 未来型企業制度の誕生と進化
第5章 国有民営型企業の誕生・改革・進化およびその限界――実達電脳の事例を中心に
1.はじめに/2.国有民営型企業の登場――実達の誕生と幼児期/(1)企業の創立過程/(2)実達の成長――IT本業への参入/(3)成長過程における初の試練――経営多角化の失敗と経営陣分裂/3.国有民営型企業の成長――実達の少年・青年期/(1)再出発――三十代総裁の誕生/(2)拡張――株式市場上場・多元化・国際化/4.国有民営企業の成熟期における問題の発生/(1)異変――組織の巨大化による大企業病の症候/(2)危機――「マッキンゼー事件」/(3)迷走――優良企業の一時脱落/5.国有民営型企業制度の再編――実達の試練期/(1)力のゲーム――国有株主による表舞台への浮上/(2)復活――再び「百強企業」へ/6.「経営者の時代」になるか――実達の主要経営者の役割/7.国有民営型企業の成長要因/(1)「作れば売れる」時代の幸運者/(2)インサイダーコントロール/(3)「国有民営」型の株式会社制度/(4)優遇政策の恩恵/(5)外資との連携/8.おわりに――国有民営企業の将来と可能性/(1)国有株の「明」と「暗」/(2)「投資飢餓症」型の多元化拡張の理由は何か/(3)「市場経済」の多様性:「マッキンゼー事件」からの啓示/(4)社会組織原理による経営者パターンへの規定性/(5)制度による管理への企業進化の開始

第6章 華人・華僑企業の内実――中芯国際の事例を中心に
1.はじめに/2.中芯国際の概要/(1)「中国半導体巨大ファウンドリー・メーカー」の出現/(2)中芯国際の業界における地位/3.半導体の鬼才――張汝京/(1)テキサス・インスツルメンツ(TI)社の鬼才/(2)ICゴッドファザー・張忠謀対ファウンドリー・張汝京の台湾創業/(3)張忠謀との怨念と大陸での第2次創業/4.中芯国際における企業制度的特色/(1)資金調達の方法と特色/(2)生産方式と企業戦略/(3)生産技術と技術移転/(4)経営管理体制と発展戦略の特色/5.おわりに――華人・華僑企業の成長要因と問題点/(1)「三輪車モデル」における各車輪の役割/(2)華人・華僑企業の成功物語の背後に隠れた問題点

第7章 外資系企業の現地生産・経営――日系A社・台湾系B社・「日台系」C社を中心に
1.はじめに/2.本章の分析対象/3.研究対象地域の経営特徴の一般像/(1)日・台経営スタイルの対比/(2)中国現地企業における「人力資源」の経営特色――現地企業2社の実例/4.研究対象3社の「人力資源」管理特色/(1)日系A社の現地経営特色/(2)台湾系B社の管理特徴/(3)「日台系」C社における管理の特色/5.おわりに――3社における管理特色の比較/(1)日系A社:親会社からの「技術移転」への執拗/(2)台湾系B社:現地方式の「吸収・学習」+「ハイブリダイゼーション化」/(3)「日台系」C社:「日本的管理方式」の移転+ハイパーハイブリッド化

第8章 民営企業の誕生・進化過程における企業家精神の役割――吉利汽車と李書福
1.はじめに/2.中国における企業家と企業家精神/3.中国の自動車産業における「吉利現象」とその意義/4.李書福式の企業家精神と「革新的結合」/(1)企業家としての素質――執念とハングリー精神/(2)隙間的創造――「庶民の手がとどく車を造る」/(3)「動員力」の徹底――すべての資源を動員する/(4)企業家としての勇気とたくましさ――世界級の企業家との共通点/(5)現代型の企業改革の敢行/5.おわりに――吉利の事例に示された企業制度進化のポイント

第4部 世界に進出する中国企業
第9章 中国企業の海外進出と国際経営――背景・特徴・競争優位・競争劣位
1.はじめに/2.中国企業の海外進出の背景・現状・特徴/(1)動機・背景/(2)現状・特徴/3.中国企業の海外進出パターン/4.中国企業の競争優位と競争劣位は何か/5.おわりに

第10章 民営企業の国際化課題――福耀ガラスの挑戦と挫折
1.はじめに/2.福耀神話:郷鎮企業から自動車用ガラスの旗艦メーカーへの軌跡/(1)中国自動車市場における福耀の実力と支配力/(2)郷鎮企業からの出発/(3)急成長に導いた企業家戦略/3.福耀の国際化の背景・動機/4.国際化の挑戦と挫折/(1)ローレベル国際化――一定の成功/(2)ミドルレベル国際化――成功と失敗の模索/(3)ハイレベル国際化――失敗の連続/5.おわりに――民営企業国際化の条件・課題・可能性

終章 中国企業の制度進化の将来
1.本書の研究目的達成の評価/2.主要企業タイプの制度進化への評価/3.「木」から「森」へ/(1)巨大な支配的資本形態の形成はしばらく困難/(2)東アジア型の制度進化ルートに沿う/(3)中国型競争の存続/(4)中国型資本主義の模索

あとがき

関連書籍