TOP 歴史のなかの闇を探る文学・批評・詩 美は乱調にあり、生は無頼にあり

美は乱調にあり、生は無頼にあり

  • 備仲 臣道
  • 価格 2100円
  • 判型:四六判、216ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0437-9
  • ISBN 4-8265-0437-3
  • 初版発行年月 2006年03月
  • 発売日 2006年03月01日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

生誕百年を迎えた「幻の画家」竹中英太郎、その波乱の生涯に迫る。

青年期に熊本水平社の設立に関わり、労働運動に傾倒した竹中英太郎(明治39?昭和63年)。上京後は、挿絵画家として頭角を現し、雑誌「新青年」を舞台に江戸川乱歩『陰獣』、横溝正史『鬼火』をはじめ、甲賀三郎、夢野久作、三角寛らの小説の挿絵を描き、その怪奇幻想的な画風で一世を風靡する。一躍人気画家となるが、自らの思想に反する創作活動に嫌気がさし、絵筆を折るに至る。その後満州に渡り「月刊満州」などに携わった後、戦後は山梨で新聞記者となり、数々の労働運動を指導してゆく権力者になる。晩年は「怪物」ルポライターとして知られる長男竹中労の依頼で再び絵筆をとり、政治評論なども手掛けた。

生誕百年を機に、これまで語られることのなかった戦後の活動にもスポットを当て、知られざる画家竹中英太郎の生涯に迫る。竹中英太郎年譜収録。

目次

序章

■第一章

一 開眼/二 部落解放運動/三 挫折・上京/四 探偵小説/五 アナからヴォルへ/六 人気挿絵画家/七 弱点/八 モダンボーイの恋/九 絵筆を折る

■第二章

一 都落ち/二 山梨日日新聞/三 甲府空襲/四 敗戦/五 甲府中学ストライキ/六 革命前夜/七 地方労働委員会/八 強面/九 山梨県民同/十 嵐の季節/十一 山梨県知事選挙/十二 一般合同労働組合/十三 地労委会長

■第三章

一 夢見山荘/二 辣腕/三 復活/四 七〇年/五 奇妙な友情/六 妖かしの花々/七 半兵衛さん/八 月刊「新山梨」/九 中部文教/十 瓦の余生/十一 アトリエ/十二 路傍の死

■終章

参考文献
竹中英太郎年譜(備仲臣道編)

あとがき

関連書籍