TOP 教育・心理 子供はぜーんぶわかってる

子供はぜーんぶわかってる

  • 吉本隆明, 向井吉人, 尾崎光弘
  • 価格 1890円
  • 判型:四六判、192ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0426-3
  • ISBN 4-8265-0426-8
  • 初版発行年月 2005年08月
  • 発売日 2005年08月25日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

「自分なりに考え、おのずと解けた分だけが有効なんです」吉本隆明が語る超「教師論」・超「子供論」。

子供の良いも悪いも全部のみ込んでくれる先生がいた、これは制度ではない。
黙っていても子供は先生がどんな人間かちゃんとわかってる。
子供が「秘密」の場所を持つことは人類史的にも深い意義がある。

教員の「いま」に届けたい、吉本隆明の最新刊。

目次

まえがき 吉本隆明

■第1部 教師の仕事をめぐって
大衆の原像・知識人・還りの過程・人間の優劣・人間力・学童・計らい・侮り・正義感・気分・制度・学習塾・生意気・母親・病気・身体・専門性

■第2部 学童期の子供をめぐって
遊び・熱中・秘密・普遍性・かわいい・性の匂い・ドッジボール・軒遊び・外遊び・柳田国男・迷子・時間体験・方言・ルール・倫理

【資料篇】
インタビューにあたっての覚書き[向井吉人、尾崎光弘]

関連書籍