TOP 性差別と医療・福祉・社会現代社会の深層を探る ジェンダーとジャーナリズムのはざまで

ジェンダーとジャーナリズムのはざまで

  • 諸橋 泰樹
  • 価格 1890円
  • 判型:四六判、216ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0420-1
  • ISBN 4-8265-0420-9
  • 初版発行年月 2005年04月
  • 発売日 2005年04月28日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

我われが日々呼吸する時代の「空気」、ジェンダーとメディアの成分を分析し、季節=時代の変わり目を測定する、男女共同参画社会および9・11以降のジャーナリズム批評。男女平等思想へのバックラッシュの発生と、その時代的文脈を考える。

目次

? 問題群としてのメディアとジェンダー

1 メディアについての理解と、求められる文化実践

2 教育課題としての「メディア表現とジェンダー」

3 女性のアナウンサーの置かれた構造――「出たい」から「伝えたい」へ

4 メディアと上手につきあうために

5 ジェンダー表現とメディアリテラシー

6 ジャーナリズムの課題としての多文化社会におけるジェンダー

7 発表された内閣府によるジェンダー表現のガイドライン――『男女共同参画の視点からの公的広報の手引』から

8 報道における女性の現在――ジェンダーに開き直ったメディア


? もうジェンダーの罠にはかからない

1 解放としてのジェンダー、挑発としてのジェンダー 

2 Q&A セクシュアリティとセクシュアル・ライツ

3 教育において必要とされるジェンダー平等の視点

4 Q&A 共働きの夫は、家のことを何もしません。

5 中学生の意識調査にみるダブルスタンダードとその受容

6 「見た目」と「思い込み」で、人をくくらない社会へ

7 女と男の人生すごろく

8 「居場所」とジェンダー

9 性別を間違えられる話

10 人生の可能性の開放度と女性の人権――退学してゆく学生の例から

 
? ナショナリズムとジャーナリズム

1 小泉内閣に関する世論調査の問題点(メディア時評・二〇〇一年五月)――情緒的高支持率への危惧

2 二一世紀最初の国政選挙と八・一五報道(メディア時評・二〇〇一年八月)――考えさせないメディアの影響と考えさせるメディアの非影響と

3 米「同時多発テロ」と映像による人類史的呪縛(メディア時評・二〇〇一年一一月)――「戦争」と言い換え、「報復」を正当化するディスクールとともに

4 「メディア不信」の構造と数かずの報道規制法案(メディア時評・二〇〇二年三月)――「陰気な愉しみ」としての「魔女狩り」が同根に

5 キャンペーンからプロパガンダの時代へ(メディア時評・二〇〇二年六月)――フェミニズムへのバックラッシュを事例として

6 「九・一一報道」と「九・一七報道」(メディア時評・二〇〇二年九月)――憎しみと報復を避けるために

7 失われる、サブカルチャーのカウンター性(メディア時評・二〇〇二年一二月)――フォークルの時代と現代

8 米英によるイラク戦争の報道は何を語ったか(メディア時評・二〇〇三年三月)――「二一世紀型戦争ジャーナリズム」という悪しき課題を前に

9 広告は社会の開放性が高まってこそ活性化する

10 「良質なCM」とは何か――ギャラクシー賞受賞作品の分析から

11 CM時評'03・'04

12 書評 どうすれば日本語力の崩壊をくい止められるか 樋口祐一『日本語力崩壊――でもこうすればくい止められる』

13 書評 面白くてためになる講談社文化のメディア論 佐藤卓己『「キング」の時代――国民大衆雑誌の公共性』

14 書評 検閲の時代を再び迎えないために 立花隆『「言論の自由」vs.「●●●」』

15 書評 新夕刊紙がきざんだ七〇年代の同時代史 馬見塚達雄『「夕刊フジ」の挑戦――本音ジャーナリズムの誕生』  

16 自著紹介 女性問題を所轄する自治体メディアに支えられた評論集として 諸橋泰樹『ジェンダーの罠――とらわれの女と男』

 あとがき

関連書籍