TOP 歴史のなかの闇を探るサンカ学叢書 サンカ・廻游する職能民たち[考察編]

サンカ・廻游する職能民たち[考察編]

  • 飯尾 恭之
  • 価格 2100円
  • 判型:A5判、208ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0418-8
  • ISBN 4-8265-0418-7
  • 初版発行年月 2005年03月
  • 発売日 2005年03月30日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

実証研究としてのサンカ学。
現存した廻游型セブリサンカ「オタカラシュウ」の老人からの豊富な聞き採り報告と、それを裏付ける考古学的調査を駆使した「セブリバ」検証により、未知なる「サンカ」像が鮮やかに浮かび上がる。 
「民俗考古学」なる手法を用い、日本に存在していた漂泊民「サンカ」の存在にリアルに迫る飯尾サンカ学の全貌!
第2巻に続く[考察編]刊行!

目次

第1章 考察――1・セブリバからの考察
●1 セブリバ考察の方法と序列
●2 調査情報と接触・目視情報によるセブリバの考察
●3 セブリバの立地的性格と構成的考察
●4 セブリバ検出遺物からの考察

第2章 考察――2・物質文化からの考察◎情報A類品の解析
●1 原稿綴本の成立に関しての考察
●2 写真撮影の地域と背景意図の考察
●3 ウメアイに関しての二、三の考察

第3章 考察――3・フィールドからの考察
●1 竹藪論――セブリサンカのマテリアルフィールドの考察

第4章 考察――4・さんか・ぽん・おげの三次元
●1 「さんか」代称語の分布
●2 「さんか」の時間軸的遡及

第5章 「三角サンカ学」を検証する
●1 三角寛へのバッシング
●2 新資料と三角寛
●3 尾張サンカと三角寛
●4 「駿豆サンカ」との共通性
●5 まとめ

第6章 サンカの人々の共有文化の検証――武蔵サンカ・松島兄妹による尾張サンカ資料の解説
●1 プロローグ
●2 面談のプロセスと技法概要
●3 藤の皮剥ぎ?なめし道具
●4 サンカ文字・フチョウの再考提起
●5 サンカ箕と交流
●6 ササボウキ・ササバキ
●7 薬草の擂鉢(スリバチ)と擂粉木(スリコギ)
●8 白煙のノロシを燃す
●9 ヤキユバ
●10 セブリの構造と設備
●11 川漁専業者とサンカの川漁
●12 猿回しの「ビゼン」さん
●13 オーダーメイドの竹細工
●14 ノアイばあさんの“サスリ石”
●15 オタカラシュウの人々
●16 尾張サンカに育てられたアリスちゃんのこと
●17 ヒバチ炉での埋銭と燃焼品
●18 ウメアイ(ウメガイ)とマムシ食いのこと

第7章 母、飯尾ヒロのサンカ回想――自筆記録と聞き書き
●1 サンカに関する記録の切っ掛けと検証
●2 母、飯尾ヒロの検証
●3 図版についての補筆
●4 尾張サンカに関する若干の補筆

第8章 サンカ異称に見られるカッパ類名――飛騨川水系における最後の「セブリサンカ」
●1 木曽川水系での聞き採り事例
●2 サンカの家族とノリちゃん
●3 水遊びとカッパの家族
●4 その後の顛末とカッパのノリちゃん
●5 若干の考察

第9章 ある在地型竹細工師の行商時持ち歩き道具

第10章 泥棒の道具

第11章 犯罪の単位集団・「山窩」と「さんか」を検証する
●1 農民型「さんか」――廻游竹細工師の単位集団“オタカラシュウ”
●2 警察型「山窩」――移動犯罪者の単位集団“山窩”
●3 セブリバの現場検証――農民型か? 警察型か? オタカラシュウの検証

第12章 尾張サンカ研究の今

補章 研究発表・幻のサンカを考える
●1 序――現代語の中の「サンカ」
●2 多様な漂泊職業人と単位集団
●3 游動民の中の「サンカ」
●4 「説教強盗」非サンカ説の再考
●5 警察規定の「サンカ」別人論
●6 古層語「ぽん」「おげ」「さんか」の三次元
●7 待たれた職業人「サンカ」
●8 提論「サンカ学」方法序説
●9 「三角サンカ学」批判の批判
●10 濃尾フィールドに「三角寛」を追う

あとがき

関連書籍