無法と悪党の民俗学

  • 礫川全次
  • 価格 4410円
  • 判型:A5判、328ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0393-8
  • ISBN 4-8265-0393-8
  • 初版発行年月 2004年04月
  • 発売日 2004年04月23日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

山賊・海賊は国を奪ふの大盗よりも軽し。(『異制庭訓往来』)

〈無法〉と〈悪党〉をキーワードに、「犯罪」と「国家」を同時に相対化する!
テロ、謀反、非合法集団の〈無法〉。博徒、陜客、ヤクザ、アウトローの〈悪党〉。そして、国家に内在する権力という〈無法〉。日本の歴史を形成し、日本の社会を特徴づけてきた〈無法〉と〈悪党〉の秘密を解き明かす。

伊藤博文、中山太郎、田村栄太郎、田中光顕ほか明治19年から昭和27年までの、異色の論文・資料23編を収録。

目次

■解説篇

●無法と悪党が創った国・日本[礫川全次]
「明治天皇は南朝の天子を殺し神器を奪った北朝の子孫」/水戸学と南朝再興の大義/喜田貞吉と「大賊・小賊」/元勲・田中光顕とコンクリート製の寝室/志士・田中光顕と血盟団事件/ダレル・ベリガンのヤクザ研究/ベリガンの批判的視点と分析的視点/長谷川昇の画期的博徒論/網野善彦の壮大な「無縁」論


■資料篇

1 蹈血(抄)(一八八六年) 木村邦舟
2 馬関挙兵の状(一九〇〇年) 伊藤博文
3 無政府共産(一九〇八年) 内山愚童
4 下獄に際して感ぜしこと(一九一〇年) 田岡嶺雲
5 涜職罪検挙に関する上奏案(一九一六年) 大場茂馬
6 明治元年の東京(一九二〇年) 関根正直
7 大浦卿の一外伝(抄)(一九二一年) 野村本之助
8 喜剣思想(一九二五年) 尾佐竹 ?猛
9 見込捜査時代(一九二九年) 江口 ?治
10 盗人神(一九二九年) 中山太郎
11 乱波と風呂寺(一九三〇年) 田村栄太郎
12 愛国二人々気男(一九三二年) 岡見 ?齊
13 『盗』の徳史(一九三三年) 坂ノ上言夫
14 歴史上の合法非合法ギヤング(一九三五年) 田村栄太郎
15 懐中物御用心(一九三五年) 平山喜久松
16 生麦事件で夷人を斬殺した私(一九三六年) 久木村治休
17 賀川肇の暗殺(一九三六年) 田中光顕
18 上州遊び人風俗問答(一九三九年) 武田愛之助・田村栄太郎
19 攘夷盗木弥太郎懺悔談(一九三九年) 青木彌太郎・田村栄太郎
20 インフレ風景ほか(一九四〇年) 猪俣浩三
21 経済警察の生命線ほか(一九四〇年) 窪 ?孝治郎
22 育関係職事件懇談会記録(一九四三年) 司法省刑事局
23 各地の情勢の中の特徴的なものについて(一九五二年) 大杉演劇研究会

あとがき

関連書籍