TOP 経済思想を読む 現代の資本主義を読む

現代の資本主義を読む

  • 半田 正樹, 工藤 昭彦
  • 価格 2940円
  • 判型:A5判、248ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0387-7
  • ISBN 4-8265-0387-3
  • 初版発行年月 2004年02月
  • 発売日 2004年01月30日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

 『レーニンの農業理論』で宇野理論に画期的インパクトを与え、97年11月に急逝した渡邊寛(前東北大学教授)の学説にモチベーションを与えられ構想された若手研究者による現代資本主義分析の集大成。
 農業理論、特に現代世界農業問題は現代の資本主義にとって解決できない諸問題(WTOにおけるEUと米の対立)であり、国際通貨問題がより一層困難なものにしている。本書は、主に渡邊教授が「現代の資本主義」に関して追究した論攷を中心に議論を進め、その理論的射程を解き明かしたものである。

◎第1部「現代資本主義の諸問題」では、渡邊寛の主業績がカバーした領域と到達した研究がその後射程を広げたであろうテーマを取り上げ、◎第2部では2日間、延べ10時間近く「現代資本主義論の再構築―総合討論」をテーマに議論した座談会を整理・収録し、◎第3部「渡邊寛―その『人』と『経済学』」では、渡邊寛にゆかりの人々からの寄稿を収録、多角的な構成を試みた。

目次

はしがき
半田正樹

■第1部
現代資本主義の諸問題

●第1章 ?現代資本主義論の再構築へ向けて
渡邊寛教授の残されたもの
高橋 弦(岐阜大学教授)
1.現代資本主義論とは? 2.レーニン帝国主義論批判の位相 3.世界経済論の焦点―世界農業問題の位置付け 4.南北問題と社会主義 

●第2章 ?世界農業問題
渡邊「世界農業問題」論の現代的意味
工藤昭彦(東北大学)
1.はじめに 2.渡邊「世界農業問題」の論旨 3.戦後分析への示唆 4.戦後分析の課題 

●第3章 ?民族問題と国家
石井英朗(東日本国際大学教授)

●第4章 ?渡邊寛教授の国際金融論
残されたノートとメモから
片桐幸雄(日本道路公団四国支社調査役)
1.国際金融に関する問題意識―その伏流 2.国際金融論の研究の開始 3.ヘライナー研究 終わりに

●第5章 ?多(超)国籍企業問題
半田正樹(東北学院大学)
1.なぜ「多(超)国籍企業問題」なのか? 2.「グローバリゼーション」/「グローバル資本主義」と「多(超)国籍企業問題」  結びにかえて

●第6章 ?商品論の検討
渡邊寛,商品の二要因論・価値形態論の一考察
田中史郎(現・宮城学院女子大学教授)
1.はじめに 2.商品の二要因論と価値形態論への移行 3.価値形態論の基本構造と価値概念の発生 4.総括と方法的結論 

■第2部
現代資本主義論の再構築
―総合討論

出席者(50音順)
池上彰英(明治大学)
石井英朗(東日本国際大学)
大鎌邦雄(東北大学)
岡本哲史(九州産業大学)
片桐幸雄(日本道路公団)
葛生政則(東北大学)
工藤昭彦(東北大学)
佐野 誠(新潟大学)
高橋 弦(岐阜大学)
田中史郎(宮城学院女子大学)
柘植徳雄(東北大学)
半田正樹(司会,東北学院大学)
室屋有宏(農林中金)
両角和夫(東北大学)

●プロローグ
話題の提供

●テーマ1 帝国主義・戦争・国家
帝国主義と戦争 帝国主義と国家 段階論と民族問題 金融資本の性格と労働・農民運動 
●テーマ2 世界農業問題論の射程
戦間期を中心に
過剰資金の性格と世界農業問題 戦間期の低蓄積と農業保護 世界大恐慌と農業恐慌 『迷走するECの農業政策』と執筆後の問題意識 環境としての農業問題 
●テーマ3 南北問題および途上国問題
従属理論と世界農業問題論 三段階論と「中間理論」 現代の途上国問題 
●テーマ4 現代資本主義の展望
経済成長・グローバリズム・共同体
ポストフォーディズムとアジアの経済成長 グローバリズムと共同体 経済情報化のインパクト 
●補論 ?渡邊「価値形態論」について

●紙上参加 ?《世界経済》の再登場
片桐幸雄(日本道路公団四国支社調査役)

■第3部
渡邊寛―その「人」と「経済学」

●渡邊寛の未完の「スターリンの農業理論」をめぐる憶い出
いいだ もも(作家)
●重かったタイプライターのことなど
伊藤 誠(國學院大學教授,東京大学名誉教授)
●共同体・国家・商品経済・資本主義
渡邊君ともっと議論したかったこと
岩田 弘(元・立正大学教員)
●ひ と他ひ と人に愛されるものは夭逝する
大内 力(日本学士院会員,東京大学名誉教授)
●植木屋さん
大内秀明(東北文化学園大学客員教授)
●丸三の館
川上忠雄
●渡邊君のこと
齋藤 仁
●渡邊寛さんを憶う
櫻井 毅(武蔵大学名誉教授)
●大内OBゼミと唐桑半島
渡寛さんの二つの顔
柴垣和夫 (武蔵大学教授,東京大学名誉教授)
●渡邉さんの思い出
鈴木 博(元長崎県立大学教授)
●渡邉寛さんを想う
関根友彦(愛知学院大学商学部教授)
●梁山泊のころの渡邉君
徳永重良(東北大学名誉教授)
●研究者入門の先学,寛さん
中山弘正(明治学院大学教授)
●おしゃべりな二人
日高 普(前法政大学経済学部教授)
●仙台で渡邉先生に会う
福留久大(九州大学大学院経済学研究院教授)
●渡邉寛君の価値論について
降旗節雄(帝京大学教授)
●われらが青春のアルカディア・かん寛ちゃんの思い出
終戦前後の中学生活から
伊藤敬一(元第一勧業銀行)/牛山 剛(音楽プロデューサー)/古谷磐根(元三越)
●プレゼミ・0期生の32年遅れの記
青野友太郎(地域科学研究会高等教育情報センター代表)
●渡邉寛先生からの贈り物
有馬春美(財団法人磐城済世会松村総合病院師長)
●彷徨っていた時期に
伊藤健二(国民生活金融公庫総務部次長)
●渡邉寛先生の思い出
大川 伸(株式会社ダイドーリミテッド取締役,経営企画室長)
●渡邉ゼミの思い出
丹羽由夏(農林中金総合研究所 副主任研究員)
●渡邉寛―先生として,義父として
福嶋浩彦(我孫子市長)
●「決然と生きよ」
渡邉 豊(長男)
●馴れ初め・結婚生活・突然の別れそして有り難うございました
渡邉 佐保子


渡邉寛教授 略歴

学歴/職歴/学会及び社会における活動等/著書(共著を含む)/論文/翻訳/共同研究活動

あとがき
工藤昭彦

関連書籍