• 吉本 隆明, 森山 公夫
  • 価格 1890円
  • 判型:四六判、216ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0384-6
  • ISBN 4-8265-0384-9
  • 初版発行年月 2003年12月
  • 発売日 2003年12月25日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

「精神分裂病」が統合失調症へと病名変更がなされたなかで、新たな治療論の展開が森山公夫によってなされたことは、『統合失調症?精神分裂病を解く』(ちくま新書)に詳しい。

この新たな治療論?統合失調症の全人間学的理解?のもとで、吉本隆明が自身の臨死体験以降の精神の変異をとおして見えてきた文学における「夢幻様体験」の表現世界を語ると同時に、それが人間の精神内容にとってどのような意味をもつことになるのかを、夏目漱石、宮沢賢治、芥川龍之介、島尾敏雄の諸作品をとおして具体的に明らかにする。

吉本隆明が語る、臨死体験以後の心的現象の新領域!

目次

■第1章 文学と統合失調症の心的世界

「精神分裂病」から「統合失調症」へ
『彼岸過迄』の中の「夢幻様」描写の意味
『三四郎』の中の「夢幻様」描写の意味
『彼岸過迄』『三四郎』『草枕』に描かれた漱石の「夢幻様」世界

■第2章 「臨死体験」と原始仏教の世界?死に損なって◎体験とその後

「夢幻様」世界に親和性をもつ漱石の作品
死に損なって?溺れた体験とその後
比喩として「怪しげなこと」へ?中沢新一さんとの対論のなかで考えたこと
「心の考古学」への憧憬?ヘーゲルの歴史認識を超えて
「統合失調症」における「統合」の意味?臨床経験から
「心」あるいは「精神」内容二つの部分の相互関係?『言語にとって美とは何か』と『胎児の世界』の共通性
『統合失調症?精神分裂病を解く』をめぐって

■第3章 もうひとつの視線?四次元的幻視の心的世界

作家と「夢幻様」体験の親和性?漱石、ドストエフスキー、夢野久作
上からのもうひとつの視線の想像力?『銀河鉄道の夜』の描写
四次元的映像空間の想像力ひもうひとつの視線と富士通館の経験から
三次元の感覚世界を四次元的視線で見る想像力?麻原彰晃と芥川龍之介の視角
もうひとつの視線と「狂気」の世界
「狂気」と「健常」の閾値?「生育の構造」をめぐって
浄土教にみる「狂気」の処遇◎親鸞の教えをめぐって(1)
親鸞の悟りと夢告?「もの狂い」の排除の論理◎親鸞の教えをめぐって(2)

■第4章 「和解」と「諦念」、そして「内省」?新しい関係世界の脱=構築

不安と葛藤の関係を超えて?固有の世界と折り合いを付ける
対立と孤立を超えて?「内省」のむずかしさ
 1・大岡昇平さんの場合
 2・小島信夫さん、鶴見俊輔さんの場合
 3・安原顕さんの場合
 4・出口裕弘さんの場合
 5・娘?次女の場合
「ひきこもり」の心象風景『ひきこもれ?ひとりの時間をもつということ』をめぐって

■補章 僕のメンタルヘルス

『心的現象論序説』における「心」と「精神」
「心の危機」と労働の変質
不健康の社会的典型
家族の不健康とは
社会関係の不健康?市民病という名の病気
親鸞の悟りと精神の病い
「狂気」と文学の可能性
レーニン的唯物論の陥穽と仏教の世界
精神医療における霊性と呪術的世界
「原生的疎外」をめぐって
「精神分裂病」から「統合失調症」へ?実体の変革へ向けて

■解題(森山公夫)
敗戦後の60年
 敗戦体験からの帰還
 60年安保闘争前後
 全共闘運動と吉本思想
 80年代と吉本思想の展開
現在的課題 
 「もう一つの視線」
 「精神とは何か?」

関連書籍