• 礫川 全次
  • 価格 4410円
  • 判型:A5判、312ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0383-9
  • ISBN 4-8265-0383-0
  • 初版発行年月 2003年12月
  • 発売日 2003年12月10日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

「尻の穴を開け!!」
男色を容認してきた日本の風土、文化と日本人の深層に迫る!

高野六十那智八十(高野山や那智山の坊主は男色をやっているので高齢になって
も色気がある)。古来日本は男色が盛んな国であった。近代以前の僧侶・武士・芸能者という男色の「三大勢力」に、明治以降は学生が加わった。その系譜は今日のオウム真理教や自衛隊にまで脈々と連なっている。
未開拓な部分が多いわが国の男色研究史の中から、明治20年代?昭和30年代の知られざる男色論・ユニークな男色論21編を紹介する、「男色」を通して見る日本精神史。

目次

■解説篇
◎男色の沿革を略述し日本人の国民性に及ぶ(礫川全次)
オウムと自衛隊/明治の学校と男色の悪弊/『ヰタ・セクスアリス』と金井湛の受難/金井湛、二度目の受難/薩摩武士と男色/硬派と軟派/薩摩の郷中教育について/きだみのると「尻つき」/「レイプ容認」の風土/「ケツの穴が小さい」/その昔陰間だった老人の回想/通和散と安入散/陰間の養生法

■資料篇
凡例
1 男娼(一八九〇年) 独笑居士
2 男色に就て(一八九九年) 舟岡英之助
3 学生の暗面に蟠れる男色の一大悪風を痛罵す(一九〇九年) 河岡潮風
4 婦女を童に代用せし事(一九一二年) 南方熊楠
5 男子間相愛の風俗の沿革(一九一八年) 森徳太郎
6 同性愛の歴史観と其意義(抄)(一九二一年) 鷲尾 浩
7 男色に関する史的及び文学的考証(一九二四年) 田中香涯
8 男倡を出現させた当代の好(一九二七年) 中山太郎
9 男娼(一九二九年) 田中香涯
10 本朝男色雑考(一九三〇年) 鈴樹大允
11 男色考(一九三〇年) 旭 ?寿雄
12  日本の文学に現はれたる同性愛(一九三〇年) 守田有秋
13  売笑婦男装考(一九三四年) 田中香涯
14  湯島の男娼(一九三五年) 田中香涯
15  上海の男色業(一九三五年) 井出季和太
16  綱吉の男色好き(一九三六年) 田中香涯
17  日本男娼史考(一九三六年) 田中香涯
18  昔の女形俳優(一九四〇年) 田中香涯
19 男姦/姦事例(一九四三年) 瀧川政次郎
20 同性愛者の犯罪(一九四七年) 黒澤長登
21 同性愛の秘技を探る(一九五七年) 伊藤晴雨/比企雄二

関連書籍