TOP 地域史と民俗 新説 武蔵国の国道 伊利麻路

新説 武蔵国の国道 伊利麻路

  • 大野 七三
  • 価格 1890円
  • 判型:四六判、168ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0380-8
  • ISBN 4-8265-0380-6
  • 初版発行年月 2003年11月
  • 発売日 2003年11月10日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

伊利麻路(いりまじ)とは武蔵国府と上野国府を結ぶ国道(官道)の通称である。伊利麻路の要衝、狭山市入間川には、足利基氏が東国を治めた入間川幕府があり、柏原(狭山市)に全国より武具製造技術者を集めて団地としていた。武蔵国府(東京都府中市)から上野国府(群馬県前橋市)までの「伊利麻路(いりまじ)=鎌倉街道」のルートを詳細な調査によって大胆に推定し、知られざる歴史や周辺地域の文化にも光をあてた、出色の地方史研究! 『先代旧事本紀』研究の第一人者である著者による書き下ろし最新刊!!

目次

◆序 章

◆第一章 「伊利麻路」と武蔵国
「伊利麻路」の名称
武蔵国創建と武蔵国府
武蔵国府(東京都府中市)への道
伊利麻路のルート
武蔵国と東山道武蔵路
武蔵国の国分寺と瓦窯業
伊利麻路と入間郡家(衙)
入間郡家(衙)の所在地考察
入間郡家と出雲伊波比神社/地名「殿山」は入間郡家跡/地名「グンデン」は郡田か、軍団か/地名「大将軍」と「大将陣」/稲荷山公園古墳群と直刀/「郡厨」の須恵器杯/「入間郷」の刻銘ある鰐口/地名「高倉」/製鉄と窯業遺跡
伊利麻路に「悲田処」

◆第二章 伊利麻路にまつわる歴史・伝承・遺跡
射留魔の伝説(「入間」「伊利末・伊留末」の語源説話)
高麗福信と入間宿祢物部広成 
高麗福信入間宿祢物部広成
坂上田村麻呂と伊利麻路 
源頼義・義家父子と伊利麻路 
大国魂神社/所沢市北野天神社/金鑽神社
畠山重忠と夙妻太夫悲恋物語 
清水冠者源義高と大姫の悲恋物語 
源義高を偲ぶ遺跡 
清水八幡宮/影隠地蔵尊/木曽殿館跡と斑渓寺
日蓮聖人と児玉時国 
新田義貞鎌倉攻めと伊利麻路 
新田義貞の挙兵/新田義貞生品明神社前で旗挙/武蔵国小手指原の合戦/新田義貞軍の敗退/三浦義勝の援軍/鎌倉合戦/鎌倉の陥落
伊利麻路に残された新田義貞鎌倉攻め遺跡・伝承 
小手指原/狭山市近在の武士団/誓詞橋/小手指ヶ原古戦場(県旧跡)と石碑/白旗塚(県旧跡)/鳩峯八幡神社(県指定)と新田義貞伝承/勢揃い橋/八国山(所沢市松が丘)と将軍塚/分倍河原古戦場と碑(都旧跡)
鎌倉幕府滅亡後の伊利麻路周辺の争乱 
中先代の乱/奥州国司北畠顕家の上洛と伊利麻路/新田義興らの挙兵と尊氏の強運武蔵野合戦/笛吹峠/足利尊氏、新田軍を破り鎌倉に戻る
足利基氏の入間川御所(幕府)
足利基氏の入間川(狭山市入間川)在陣/入間川御所(幕府)所在地旧来諸説/入間川御所の推定地「御所台」/入間川御所(幕府)/足利基氏の略歴/入間川御所で新田義興らの首実検/入間市愛宕神社に義興公の首塚と十三塚/新田義興の怨霊と入間川(狭山市)の大火/新田義興の関係遺跡/足利基氏「入間川御所」より鎌倉に戻る/苦林野合戦(埼玉県入間郡毛呂山町)
入間川御所(幕府)と柏原(狭山市)武具製造団地 
増田家/半貫山鋳物師遺跡/石川家/半貫楽太郎家鋳物師遺跡/長谷川家・剣明神社/白鬚神社の懸仏/円光寺聖観世音菩薩像
入間川御所以後の伊利麻路の争乱 
応永二十三年(一四一六)の入間川の陣/応永二十四年(一四一七)の入間川合戦長尾景仲の入間川陣/三ツ木原(狭山市堀兼)の戦/川越夜戦

◆第三章 伊利麻路と文芸
伊利麻路と和歌
武蔵野/堀兼の井/入間川と入間言葉(逆さ言葉・入間様)
大蔵流 ?狂言入間川 
曽我物語 
唐糸そうし

あとがき

関連書籍