• 備仲 臣道
  • 価格 2100円
  • 判型:四六判、216ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0363-1
  • ISBN 4-8265-0363-6
  • 初版発行年月 2002年12月
  • 発売日 2002年12月13日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

朝鮮渡来氏族・高句麗の軌跡を探る!
積石塚に象徴される高句麗系渡来氏族の文化が日本の地に脈々と連なっている甲斐、信濃の地を基点に、西は大阪・河内国にもその痕跡を残す積石塚古墳の謎を、甲斐国最古の寺本廃寺の甍、軒丸瓦の文様、瓦窯址の発掘、さらには騎馬民族特有の馬牧の経営による朝廷への貢馬数を(『延喜式』)踏まえて、高句麗系渡来文化が日本の地に根付いていった軌跡を明らかにする。

目次

もくじ
●まえがき?失われた日本の高句麗を探して
●序章?黒い海峡
●第一章?船と馬のある風景
一衣帯水/東海の潮/馬駆ける丘/野に満つ光芒
●第二章?巨麻郷の風景
幻の甲斐・巨麻郷/大和川/骨がらみ/巨麻神社/穂坂牧 
●第三章?瓦のある風景
消えた豪族/『耕土』の丘/武蔵に見る風貌
●第四章?積石塚のある風景
天狗山の祭り/聖なる山/神下し/高句麗人の邑 
●第五章?里の見える風景
やすらぎの谷/記憶の川から/土器を焼く里/里の暮らし 
●第六章?塔のある風景
聳え立つ塔/残り火/並び立つ塔/倒れ伏す塔 
*高句麗残照関係年表 *参考文献 *あとがき

関連書籍