TOP 犯罪の民俗学戦後教育の検証教育・心理 学校の中の事件と犯罪1

学校の中の事件と犯罪1

  • 柿沼昌芳, 永野恒雄
  • 価格 1890円
  • 判型:A5判、216ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0360-0
  • ISBN 4-8265-0360-1
  • 初版発行年月 2002年11月
  • 発売日 2002年11月20日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

《学校》や《教育》をめぐって生じた事件や犯罪は、学校という閉鎖的な空間では意外と多発する。
また、事件や犯罪があっても学校という〈権威〉は情報公開を阻み、内部処理で隠蔽する体質を内包している。
戦後教育史上の多様な事件・犯罪が戦後教育のなかで社会状況を大きく変動させ、逆に教育状況をゆがめていったこともある。戦前の教育勅語体制下にあっても学校内における低年齢層の凶悪な事件や犯罪、暴力、いじめ、淫行は多発していた。それは「個」より国家や学校などの「公」を上位に置くことによって管理し支配してきた日本の社会状況そのものの結果である。
「個」の自己主張が「公」と激しく対立するとき、必然的に事件や犯罪は多発する。《学校の中の事件と犯罪》が社会状況にどのような影響をもたらし、被害者でもあり加害者でもある子ども達や現場教師はどのように対応し受け止めたか。現場教師が己の知性と経験と感性で、事件と犯罪の本質に迫るドキュメント。

目次

まえがき
凡 例
第1章……立教学院幹部追放事件……1945
第2章……鏡子ちゃん殺害事件……1954
第3章……小松川高校事件……1958
第4章……旭川学力テスト事件……1961
第5章……阿倍野高校・日の丸「連日掲揚」事件……1965
第6章……農大ワンゲル部「死のシゴキ」事件……1965
第7章……私立目黒高校授業盗聴事件……1965
第8章……阪南高校卒業式妨害事件……1969
第9章……都立上野高校の紛争と改革……1969
第10章……伝習館高校事件……1970
第11章……大阪刑務所入試問題流出事件……1971
第12章……麹町中・内申書事件……1971
第13章……横浜プール飛び込み事故……1972
第14章……必殺宙ぶらりん事件……1973
第15章……甲山事件……1974
第16章……水戸五中体罰死事件……1976
第17章……開成高校生殺人事件……1977
第18章……上尾高校教諭自殺事件……1978
第19章……エリート少年殺人事件……1979
第20章……講師手当立替請求事件……1980
第21章……流山中央高校校長自殺事件……1982
第22章……町田市・忠生中ナイフ刺傷事件……1983
第23章……戸塚ヨットスクール事件……1983
第24章……大阪いじめ逆襲殺人事件……1984
第25章……いわき市いじめ事件……1985
戦後教育事件史年表……1945?2002
あとがき

関連書籍