TOP 歴史のなかの闇を探る覆刻 先代旧事本紀 訓註

先代旧事本紀 訓註

  • 大野 七三
  • 価格 8400円
  • 判型:B5判、314ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0325-9
  • ISBN 4-8265-0325-3
  • 初版発行年月 2001年03月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

 『古事記』『日本書紀』と並んで日本の三大古文献といわれた『先代旧事本記』は江戸時代に一部の国学研究者が偽書と断定したことから、古文献からはずされ今日に至るまで葬られていた。
 在野の研究者・菊池山哉は『天の朝の研究』で『先代旧事本記』が偽書でないことを明らかにし、自身の研究の大きな糧としたが、学会からは蔑視の対象として無視されつづけてきた。大野七三氏の研究は現地踏査を踏まえた膨大な資料を駆使して神代の神々が「神話」ではなく実在の神々(人間)によって担われていたことを跡付ける。

目次

まえがき/凡例◎『先代旧事本紀』本文、訓註
序、目録/巻第一、神代本紀・神代系紀・陰陽本紀/巻第二、神祇本紀/巻第三、天神本紀/巻第四、地祇本紀/巻第五、天孫本紀/巻第六、皇孫本紀/巻第七、天皇本紀/巻第八、神皇本紀/巻第九、帝皇本紀/巻第十、国造本紀
◎『先代旧事本紀』概説
1 ?その成立と諸本について/2 『先代旧事本紀』十巻の構成/3 ?大和朝廷の成立と饒速日尊/4 ?饒速日尊の御兒について/5 饒速日尊の伝承は『古事記』『日本書紀』によって消された/まとめ・神々は実在なされた/饒速日尊の伝承は史実である/『先代旧事本紀』こそ真実の歴史書
◎参考文献および資料/付録1、出雲・日向・大和一族関係系図/付録2、初期大和朝廷物部氏政治祭祀者表/『先代旧事本紀 訓註』復刊にあたって

関連書籍