• 同好史談会, 礫川 全次・解題
  • 価格 6825円
  • 判型:四六判、680ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0323-5
  • ISBN 4-8265-0323-7
  • 初版発行年月 2001年07月
  • 発売日 2001年07月10日
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

幕末から明治へ。まさに革命の真っ最中の出来事は、最も興味のあるもの。いずれの国でも変革期は破壊と再生の過程だが、旧物打破に急するあまり、制度文物から風俗まで一新し、さらに異系の文化を輸入した維新の混沌は筆舌に尽くしがたい。
明治初年を目のあたりにした人たちは抱腹絶倒、滑稽も当時は真剣真面目で、時間を経なければその意味も理解できない。貴重な史料を基に現存古老の逸話・逸事を纏めた大正一五年初版の復刻版。

目次

御巡幸の歌●北陸御巡幸/明治天皇御遷都道中の御事/黒羅紗の御軍服/日本最初の御種痘/伊勢大廟の華表が墜ちる●御東幸反対/御遷都と御下賜品●恐れ入った話/宮城御造営●薩摩の新邸・「近」の字の印半纏・宮内省の入札・山岡鉄舟さん・御門止・狸の生捕り・其の頃の賃金・宮城内の瓦斯灯/最初のお召馬車と馭者の珍談/もう一回やらんならん●藩籍奉還と神風連騒動/明治の改革と外交●いずれも金の問題・切支丹邪宗とは怪しからぬ/財政●贋金問題・明治通宝/太政官札の発行に就いて●たった三百両で維新の大業/明治初年官吏の月給/小野島田二家の倒産●戊辰戦争の軍費・為替方規則改正/パークス公使●剛腹で気難し屋・一顰一笑に喜憂の当局/鉄道施設の事/うっかり乗った外債の口車●あての外れた造幣政策・外国事情の不明・日本政府は海関税を抵当にする/弾正台の話●大臣を召喚する役所・容堂侯の赤壁の遊・横井小南刺殺事件/横浜裁判所の引渡し●三日三晩で書類を焼く・千両貰って非職・税がとれると役所で御馳走/大蔵省で大福帳/明治前後の通貨と両替の話●銭時の相場・半値以下の太政官札・贋札大増加・両替商の大捕縛・獄中の珍談・維新後の紙幣/玉章筆帆掛船の兌換券/貢進生音響官●翻訳官を音響官・日本婦人を妾にして斬られた先生/開成学校の憶出●威張った学生・翻訳権利無断借用・お前達も養ってやる・法科は公事師/教室内で日本語厳禁/"You may guess"/康熙辞典にもない新字●困難な翻訳事業・化学は化け物の学問・主義という字の始まり・「ウ」に濁りを打った初め/ハイカラな追悼会●お盆を廻した吟香・ニコライの演説/新聞紙の奇観●記事の迅速を諭示された明治初年・批評つきの三面記事・仮名許りの新聞・新聞を政府で御買上げ・田舎者が拝んだ読売新聞社・字引の附いた幕末の新聞/明治初年の僧侶学校●御朱印と宗門人別・切支丹以上の迫害・五万六千人の檀林生徒・三十六年で卒業・厳格な格轍教育・御慈恵まわりの奇風・荘厳な「新説讃禮」・足の親指迄手を下げる最敬禮法/西洋医術渡来事情●医道改正御用係・独逸医学を採用する迄・大西郷の一言・上野を公園にした先見者/辞書を拝ませる●ヘボンの英和辞典二千部御買上/竹橋騒動余話/芝居迄になった西国立志篇/初めての小学読本/維新前後の陸軍/最初の兵学校/調練の始まり/維新前後の軍服変遷/徴兵適齢の話/寒冷紗の軍服/郵便創業珍談/江戸と横浜と初めての汽船/馬車の初乗り/汽車が汗をかいた/蒸気船破裂の話/築地ホテル水漏れの話/靴、メリヤス、煉瓦、瓦斯/腐れ行く幕府/会津侯と慶喜公/上野戦争に出会った話/上野戦争前後の無政府状態/彰義隊餘聞(一)/彰義隊餘聞(二)/会津籠城餘談/千代田城其主を代る/一万円の金に窮した千代田城の名器を濫費/新大臣と給仕/大隈侯の梁山伯/危機一髪の竹橋騒動/竹橋騒動餘談/明治初年の殿様/容堂公の書いた古器物品目/長命寺のお花さんとオランダ公使/外人万能の失敗/グランドの来た時の話/最初の異人洋品店/最初の輸入商/維新後の札差/興福寺本堂で豚鍋/人が仏を助けた話/明治初年の流行神仏/本屋から観た明治初年の洋漢学と国学/維新前後の書画会/明治初年の小説/智学氏の「日蓮記」/数百円の西鶴本がタッタ一円/明治十年前後/明治初年の新聞記者/牛肉屋で「美術」の命名/維新前後の浮世絵師/菊池容斎と河鍋暁斎/柴田是眞の啖呵/零と百点/容斎の随筆/初めて博覧会の開かれた当時のこと/橋本雅邦と竹内久一/隅田川の盃流し/風俗のこと/乱暴な風俗(一)/乱暴な風俗(二)/ちょんまげから斬髪へ/断髪勧誘に御役人/絞首台を造った話/コレラ病流行の話/ほか

関連書籍