TOP 歴史のなかの闇を探る覆刻 史疑 徳川家康事蹟

史疑 徳川家康事蹟

  • 村岡 素一郎, 礫川 全次
  • 価格 3150円
  • 判型:四六判、420ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0302-0
  • ISBN 4-8265-0302-4
  • 初版発行年月 2000年04月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

近代国家日本の暗部を抉る、四百年に一冊の危険な書。幻の家康論『史疑 徳川家康事蹟』の完全覆刻版+現代語訳。明治三十五年四月、村岡素一郎著『史疑徳川家康事蹟』は民友社(徳富蘇峰・主宰)から出版されたが、忽ちの内に絶版となった。『史疑』は、三百年にわたって日本を支配した徳川幕府の神祖家康の出自に隠された秘密を克明に跡付け、貴賤交替史観によって明治藩閥政府要人のいかがわしさを容赦なき筆致で暴き出し、幻想の近代国家日本の暗部を抉る。 民友社から出版された本を初版のまま覆刻し、礫川全次による現代語訳を付す。

目次

第一章 序論 
第二章 家康公の幼時駿府の寓居地及び祖母尼公の身柄第三章 家康公の誕生及び其の父母の身柄
第四章 家康公幼少期の境遇及び其の業務
第五章 家康公活動の初期及び親族故旧の厄難
第六章 家康公の飛躍奮搏
第七章 家康公震天撼地の大活動
第八章 家康公と岡崎三郎信康及び関口氏との関係
第九章 家康公の性格論 (現代語訳版目次より)

関連書籍