TOP 歴史のなかの闇を探る覆刻 又鬼(またぎ)と山窩〔覆刻版〕

又鬼(またぎ)と山窩〔覆刻版〕

  • 後藤 興善
  • 価格 3990円
  • 判型:四六判、312ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0289-4
  • ISBN 4-8265-0289-3
  • 初版発行年月 1999年12月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

柳田國男と共に、日本民俗学の先駆的研究者後藤興善の名著の覆刻である。神代文字で書かれた「上記」の文字とことばがサンカの生活と習俗・文化の中に息づいている。サンカ・マタギ研究には不可欠の貴重な文献である。

目次

口絵/1 播磨のサンカ夫婦/2 津軽のマタギ/山窩記/山窩談義/ラコとヤコ /附、ポンとオゲ/播州のサンカから聞いた話 /食物に関する山窩隠語/マタギ綺談/マタギの山言葉/熊のケボカヒ/東北の民情瞥見/宇和の大島/附、宇和の大島魚名帖/豊後水道への旅/豊後萬弘寺の市/文化七年男鹿半島の地震記録/救荒食品のこと/方言漫語/忌詞・山言葉小考/民俗資料の所在/恠音・恠火/神佛の恩寵冥護/前兆予示と卜占/万葉集の一首/伝説と文学/故郷

関連書籍