TOP 尾佐竹猛著作選犯罪の民俗学覆刻 明治秘史 疑獄難獄

明治秘史 疑獄難獄

  • 尾佐竹 猛, 礫川 全次
  • 価格 5985円
  • 判型:四六判、568ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0266-5
  • ISBN 4-8265-0266-4
  • 初版発行年月 1998年12月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

法学博士、尾佐竹猛の代表的な稀覯本、待望の覆刻。明治元年の近藤勇の処刑から明治24年の大津事件まで、明治初年から明治中期にいたる著名な9つの事件を、史実に沿って解説。大津事件を解説した第9篇は現在岩波文庫に収められているが、全文の覆刻は半世紀ぶり!

目次

1.近藤勇の処刑(明治元年)/2.坂本龍馬暗殺の下手人(明治3年)/3.雲井龍雄の罪案(明治3年)/4.広沢参議暗殺事件(明治4年)/5.小野組転籍事件(明治6年)/6.非常上告の始め 山科生幹一件(明治8年)/7.藤田組の贋札事件(明治12年)/8.板垣伯岐阜遭難事件(明治15年)/9.露国皇太子大津遭難 湖南事件(明治24年)/付録・大岡政談解題、玉乃世履のことども/*解題=礫川全次『明治秘史疑獄難獄』の価値と読み方

関連書籍