• 歴史民俗学研究会
  • 価格 2100円
  • 判型:A5判、240ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0250-4
  • ISBN 4-8265-0250-8
  • 初版発行年月 1998年03月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

歴史民俗学研究会が総力を挙げて取り組んだ「雑学」100テーマの集大成!

目次

古代の雑学]◎女陰とまじない/秋葉の神と赤い腰巻/鹿の霊性・呪性/弑殺される神「ミシャグチ神」/島の成女祝い/浅草観音の由来について/「ひだり(左)考」について[江戸時代の雑学]◎柴又の帝釈天/「風呂」の民間伝承/バウルコンの妻/アイヌとキリスト教/負薪金次郎像の原型/日蓮宗系の異端「三鳥派」の詐欺殺人事件/江戸時代のUFO[「子殺し」と「間引き」の研究]/本郷も兼康までは江戸の内/大塩平八郎の「死」についての疑惑 /熱海で死んだオールコックの愛犬トビー/丙午迷信/江戸の奉公[明治時代の雑学]◎文明開化と頭髪/「種痘済証書」への愛/人が人を捜す/親切な宿ですよ/男子と生まれて/洋傘の流行/東京中野電信聯隊/明治の小学生の成績通知書/乃木大将邸の家相を見る/海を越えた歌/百年前の電気楽器/明治の暦[大正時代の雑学]◎夢を育む博覧会/大正期の小学校卒業證書/宮武外骨編集の雑誌「穢多」/洗濯をする女/三枚の絵図/縁起のよい引札/酒井勝軍『猶太人の世界征略運動』を読む/グラフィック雑誌「国際写真タイムス」の登場[昭和前期の雑学]◎セーラー服を着た小学生/豪華客船の誕生/有馬セン、古糞為糞/七〇年間「未刊」、幻の岩波文線の演奏/縁側で語らう家族/養蚕/絹織り/新日本/磁器製品店にて/提灯職人/茶屋の前で、客の下駄をそろえる少年/気立ての良い商人/参拝/神戸の寺の祭り/鎌倉の大仏/真珠王・ミキモト氏/東京のビジネスセンター丸の内/劇場街/休日の家族/一日の仕事を終えて/生き埋めとなった私とエレリー・セドウイック[あとがき]/執筆者略歴/歴史民俗学研究会へのお誘い

関連書籍