• 菊池 山哉
  • 価格 7697円
  • 判型:A5判、464ページ、上製
  • ISBN 978-4-8265-0220-7
  • ISBN 4-8265-0220-6
  • 初版発行年月 1996年06月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

「高天の原」―この語に秘められた日本古代史の謎は、あまりにも多い。虚構の神話なのか、それとも歴史であるのか? 山哉は、「高天の原」を虚構の神話としてではなく、実在の歴史の中に位置づけ、これを「天ノ朝」と命名した。『旧事本紀』に着眼した山哉は、この「天ノ朝」を古代近江に求め、近江秘史を明らかにしつつ、大和朝(神武・崇神天皇)に葬られた古代近江王朝=「高天の原」の全貌を解読したのである。未だに考古学界の謎である銅鐸の秘密こそ「天ノ朝」のシンボルであった。日本古代史の謎に迫る山哉の名著の復刻。*解説=田中紀子

目次

1章アマの原/2章所謂天孫降臨とその真相/3章西遷君主/4章東遷君主/5章アマ国の研究 /6章邪馬壱国と狗奴国/7章アマの朝没落/8章アマ壱ノ朝と考古学上の諸問題/9章消え行く天ノ国のその後*解説=田中紀子

関連書籍