TOP 経済思想を読むSERIES現代経済分析 日本経済と地域変動

日本経済と地域変動

  • 石井 英朗
  • 価格 2625円
  • 判型:A5判、216ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0183-5
  • ISBN 4-8265-0183-8
  • 初版発行年月 1995年06月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

資本主義的不均等発展によってもたらされる地域経済の構造的特質を、北海道・千葉県・大阪府という類型を異にする地域を対象に具体的・実証的に明らかにしつつ、国民経済の基礎をなす地域経済の変動とその発展のメカニズムを大胆に提示した現代日本経済論の新展開。

目次

序/第1章 経済発展と地域変動/1.課題/2.地域のおさえかた/3.日本経済の不均等発展=地域変動/(1)戦前の基本的フレーム/(2)高度成長/(3)転型期―スタグフレーションへの対応/(4)地域経済の変質/(5)地域開発政策について/第2章 北海道地域経済の特殊性/1.北海道経済の歴史的展開/(1)資本の原始的蓄積期/(2)産業資本確立期/(3)金融資本形成期/(4)金融資本確立期/(5)国家独占資本成立期/2.戦後北海道経済の位置と変貌/(1)戦後復興期(敗戦から1950年代) /(2)高度成長の影の時期(1960年代)/(3)相対的回復期(1970年代)/(4)転換期(1980年代以降)/3.地域づくりの基本課題/第3章 千葉県地域経済の戦後の激動/1.概観/2.重化学工業化の始動/3.昭和30年代/4.昭和40年代/5.昭和50年代/6.昭和60年代以降/7.地域経済と産業連関/8.産業のサービス化とソフト化/第4章 大都市大阪の経済変貌/1.商業都市大阪の特殊性/2.大都市のダイナミズム/3.産業構造の変貌/4.貿易収支と産業構造/5.金融・証券市場/6.市民所得/7.財政/8.アジア経済の中枢国際都市:大阪/第5章 産業構造と地域経済/1.地域経済の被規定要因と日本経済の構造転換

関連書籍