TOP 経済思想を読むSERIES現代経済分析 現代財政の構造と運動

現代財政の構造と運動

  • 斎藤 忠雄
  • 価格 2804円
  • 判型:A5判、256ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0176-7
  • ISBN 4-8265-0176-5
  • 初版発行年月 1994年06月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

17世紀の中葉、T.ホッブズは国家を「リヴァイヤサン」という怪物になぞらえ、理想的な国家を描いて見せたが現代国家の財政はホッブズの時代と比較にならないほど巨大化し、多様化し複雑に錯綜している。現代国家の財政を欧米資本主義国と比較しつつその構造的特質と運動を解明した現代財政論の新展開。

目次

参考/序章 現代財政の成立と日本財政の特質―1890年?1960年―/1.経費の膨張傾向:社会サービス費に起因/2.税制の転換:所得税の基幹税化/3.日本財政の特異性/1章 社会保障費を軸とする経費の膨張と抑制/1.膨張過程から調整過程へ/2.純粋公共財の低下、準公共財の上昇/3.社会保障給付費、防衛費、一般政府固定資本形成の再考察/2章 国民負担―増大から抑制へ―/1.国民負担率の上昇と歯止め/2.租税収入の推移/3.租税にかんする若干の再検討/3章 変容する国と地方の財政関係/1.経費関係の移り変わり/2.収入関係の移り変わり/3.行財政改革による補助金の抑制/4.国家財政より軽い地方財政の赤字率/4章 財政収支の変動と公債の累積/1.一般政府の構造的財政赤字/2.中央政府の構造的財政赤字/終章 現代財政の構図/1.現代財政の変遷/2.現代財政の枠組み/あとがき

関連書籍