TOP 地図を読むSERIES地図を読む デル・ピラール物語

デル・ピラール物語

  • 小島 一夫
  • 価格 1937円
  • 判型:A5判、192ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0141-5
  • ISBN 4-8265-0141-2
  • 初版発行年月 1992年06月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

フィリピン建国の英雄の名を冠した「デル・ピラール通り」はマニラの一大歓楽街。街娼、ポン引き、物乞いなどフィリピン社会の底辺に蠢く人間の光と影を鮮やかに映し出す異色の特派員レポート。「週間文春」好評。

目次

デル・ピラール縁起/第1章/カラオケ「スミレ」/パードレ・ファウラの角/マッサージ・パーラー「ギリシャ」/居酒屋「リリー・マルレーン」/パパ・ジョーの店/第2章/基地の町オロンガポ/バー「シタデル」/日本軍虐殺の街 リパ/スモーキー・マウンテン/公園の角の食堂/第3章/ファイアー・ハウス―売春市場の女たち/クラブ「美智子」―レイテ戦 生き残り兵士との出会い/スパイへのご招待/第4章 マティミヤ・ハウス/ミンダナオ―共産ゲリラ解放区/アメリカ大使館/キアッポとタマコ・アオキ―外国人労働者問題への逆投射 /プロモーター、ナカさん―ジャパゆきを送り出す側の論理/終章/デル・ピラールからサンダカンへ―「ゆき」、でくくれる女たち

関連書籍