文化生態学入門

  • 西山 賢一
  • 価格 1937円
  • 判型:四六判、224ページ、並製
  • ISBN 978-4-8265-0133-0
  • ISBN 4-8265-0133-1
  • 初版発行年月 1992年06月
書籍の購入
セブン&アイ ビーケーワン 紀伊国屋BookWeb

内容紹介文

地球上に棲むあらゆる生物は、地球の自然生態系に見合った生物としての生き方を遺伝子によって基礎づけられている。人間という生物にふさわしい文化生態系を考える恰好の入門書。

目次

第1部 文化生態系の風景/1章 浮動する情報社会/1 際(きわ)の構造/2 境界なき時代の構図/3 心の風景の重なり/4 配偶者を選ぶ/5 減点か得点か/6 風景と環境収容力/7 経済から熱力学へ/8 循環するシステム/9 未来への適応/10 浮動する情報社会/2章 進化する経営の場/11 世界の風景の遷移/12 格を求める時代/13 性としての企業/14 追い風と向かい風/15 平等に分けあう/16 一人前の条件/17 コピーから進化へ/18 民俗学から会社へ/19 フォード ・トヨタ・ボルボ/第2部 進化と適応を求めて/3章 新しい理論の模索/20 自然史と人類史/21 進化とは何か、適応とは何か?/22 適応戦略へ向けて/23 進化と適応の理論/4章 進化する系の基本原理/24 適応戦略あるいはニッチ/25 進化の原動力/26 前適応と後適応/27 重複による進化/28 つぎはぎ細工/5章 生態学から生存系の経営へ/29 「経営」を見直す/30 ロマンからリアリティへ/31 エコロジーの見方/32 合い言葉は「進化」/33 適応戦略の着物/34 変身の仕組み/35 積木の原理/36 文化を加えたエコロジー/37 再生可能資源に根ざして/6章 分類の生態学 /

関連書籍